事務所案内

保険と相続の専門家「小沼FP事務所」

はじめまして
ファイナンシャルプランナーの小沼憲子と申します。

各種メディアでも、家計の見直し、老後の年金、お金の運用など、人生に係わるお金について話題になると、専門家として「ファイナンシャルプランナー」が登場することが増えてきました。

私もその一人です。

「ファイナンシャルプランナー(FP)」とはどんな仕事でしょうか。

FPは、「人生の設計 ライフプランニング」「金融のしくみと商品」「生活上のリスクとその回避の保険」「住まい、土地、建物の不動産」「税金」「集大成の相続と事業承継」といった分野を総合的に扱う「お金のプロ」です。

相談者のライフプランに沿って、家計収支から資産形成、運用のアドバイス、実行援助まで行います。相談者の人生設計の良きアドバイザーであり、パートナーとなります。また、相談内容によっては弁護士、税理士、不動産関係者などの専門家と相談者を適切に結ぶコーディネーターにもなります。

この2、3年で相談が多いのは、50歳前後の方からの「高齢になった親」のお悩みですね。
私自身、長年にわたり両親の介護を経験、7年前には父の相続を経験しました。その学びから、相談者に具体的な行動をアドバイスできることはもちろん、「気持ちも理解してもらえた」と喜んでいただいています。

介護が必要になったことも想定し、いざというときにストレスのない相続を実現するために、相談者の気持ちに寄り添ってコーディネートしています。

また、お金の管理の問題、金融商品、保険の整理についても相談されます。
退職後の人生を楽しむために、資産寿命も伸ばすことも必要になりました。

運用も保険も相続も、いずれも「ひとまかせ」にせず、
自分で選んで責任をもって完結する。
そんな「清々しい人生」を送るお手伝いをさせていただいております。
毎月東京、大阪、金沢で仲間や士業の先生方と実践的な勉強と情報交換をし、
日々研さんを積んでおります。

ファイナンシャルプランナー小沼憲子がお一人おひとりに合わせて、最新で最適なサポートをさせていただきます。
お気軽にご相談ください。


◆小沼憲子プロフィール
・FP(ファイナンシャルプラン)相談業務/小沼FP事務所
・AFP ( 日本FP協会 ) 、2級FP技能士 ( 国家資格 )
一般社団法人 相続・事業承継コンサルティング協会会員
公的保険アドバイザー
住宅ローンアドバイザー
・証券二種外務員 ( 日本証券業協会認定 )

1965年富山市生まれ。日本女子大学卒業後、生命保険会社入社。本社内勤、営業を経て、生損保乗合代理店に転職。2000年ファイナンシャルプランナー資格取得。2012年に父の相続を経験。現在は、母の介護と25年にわたる保険実務を裏付けに、相続、事業承継の問題を、相談者の気持ちに寄り添って解決している。